忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/18 01:38 |
【ワンフェス2008冬】北高タイトルマッチの惨劇
 さて、前述の通り、ワンダーフェスティバル2008、グッスマの「ワンダフルホビーライフフォーユー」ブースで行われていた、フィグマの体験&撮影フリーエリア。せっかくなので遊んできました。お題は20分ぐらいの即興でストーリーのある画像を撮って来い。カーン。

──さあ始まりました、SOS無差別級タイトルマッチ時間無制限一本勝負。北高の女王に輝くのは超王者・涼宮ハルヒか、孤高のサブミッションクイーン長門ユキか!



ハルヒ「有希なら相手にとって不足は無いわね。でも、チャンピオンとして負けるわけにはいかないわ。今日もバシっと決めるわよ!」



ハルヒ「でもその前にそれはそれ、試合前にはやっぱり握手よね(にじり)」



長門(……涼宮ハルヒの心拍数が若干上昇、奇襲の可能性が高い)



ハルヒ「と見せかけてタックル! 有希、試合はもう始まっているのよ!」



長門「わかった(ガスン)」
ハルヒ「ひぁぁ!?」

キョン「おい、今の見えたか」
古泉「これは見事なカウンターの膝ですね。さしもの涼宮さんもこれは効いたのではないでしょうか」

ハルヒ「ちょっと有希、マジ膝はないでしょ、マジ膝は! シウバじゃないんだから! 鼻が曲がるかと思ったわよ!」
長門「四点ポジションでの膝は認められている。問題ない」



ハルヒ「いい、有希。これはプロレスなのよ! マウントパンチもフロントチョークも無し! お互いの技を受けきって魅せるのがプロレスなの!」
長門「わかった」



──おっとここで大技ブレーンバスターが炸裂だ!
ハルヒ「ふふ、プロレスってのはやっぱりこうじゃなくちゃね!」
長門「……~~……プロレスの学習を完了。実践に移る」




ハルヒ「ちょ、待ちなさい有希。凶器攻撃は反則よ!」
有希「問題ない。5秒以内の反則は認められる」



ガシャーン!



長門「対象が沈黙したのでカウントを開始する。ワン、ツー…」



長門「…次はお前だ。えー、おら」
キョン「一体なんのサンプルで学習したんだ、長門よ」

-----

というような遊びも会場で20分ぐらいでできます。フィグマ試遊レポートでした(レポート?)。
PR

2008/02/24 23:08 | Comments(0) | TrackBack(0) | ワンダーフェスティバル

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<【ワンフェス2008冬】気になったフィギュア(企業・グッスマ系中心) | HOME | 【ワンフェス2008冬】アイドルマスター特集>>
忍者ブログ[PR]