忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/25 15:49 |
教えて! ブンケイP!!
【C3×HOBBY】バンダイナムコゲームスブースで『アイマスDS』をチェック! さらに通りすがりのブンケイPにステージ振り付けについて直撃!!

 キャラホビを歩いてたらブンケイPがアイマス試遊台の周りにひそんでいたので、「教えて! ブンケイP!!」してきました。

 ブンケイPこぼれ話。会場で足ふぇちのブンケイPが「要チェックや!!」な反応をしていたとある企業ブースの足のきれいなコンパニオンのお姉さん。実は『シュタインズゲート』で今井麻美さんが演じる牧瀬紅莉栖のコスプレだったのでした。多分偶然なのでちょっと面白かったです。

【C3×HOBBY】伊藤静さんが憧れのスパロボステージに! 緑川光さん、美郷あきさんらも登場の『スパロボNEO』ステージをレポート!
【C3×HOBBY】日本とキャラホビの平和はお任せ! 火力演習VTRあり、最新の軽装甲機動車や自衛官との記念撮影もありの「自衛隊×じえいたん」ブースを紹介!
【C3×HOBBY】1/4スケールのKOS-MOS最強形態が圧巻! ボークスブースを紹介!!
【C3×HOBBY】『戦国BASARA』や『ひぐらし』の冷た~いキャラクターラベルドリンクの販売も! 物販充実のアニメイトブース!
【C3×HOBBY】かわいすぎるメイドコスプレイヤーさんが冷たい飲み物でおもてなし! 新作展示やトークショーなど盛りだくさんの「コトブキヤcafe」ブース!!
【C3×HOBBY】グッスマ&マックスファクトリーがカレーを販売!? 『けいおん!』のねんどろいど梓やねんぷちミク&MEIKO別バージョンなど、新たにお目見えのフィギュアも紹介!

ちょこちょことアップしてます。
面白かったのはやっぱり自衛隊ですね。あとグッスマはねんぷちあずにゃんの写真撮ってきました。今回は取材で入ったのでブログは写真なし(・x・)スマセン
PR

2009/09/01 20:38 | Comments(0) | TrackBack(0) | そのほか。
単に民放ウサギがすっころんだだけ。
 NHKが上半期平均視聴率で民放を抜いたと話題になっています。NHKの番組作りの姿勢が評価された、北京五輪や大河ドラマの好調……といった要因が挙げられることが多いですが、NHKは良くも悪くも、旧態依然とした組織です。最近妙に柔軟さを出そうとしている気はしますが、NHKが作る番組の質や、大河ドラマ・スポーツ中継の質の高さ、バラエティ色を廃した7時台のニュースの堅実さが支持されているのも変わらないはずです。

 上半期だけではいささかバランスが悪いので、昨年までのゴールデンタイムの年間平均視聴率を見てみましょう。

年  NHK NTV TBS CX  EX  TX
1995 13.6 16.0 14.0 15.3 11.3 ---
1996 13.5 16.4 13.8 14.4 11.6 ---
1997 12.2 16.6 13.7 14.4 12.0 8.4
1998 12.7 16.8 13.8 14.4 11.2 8.7
1999 12.2 17.0 13.7 14.5 11.1 8.5
2000 11.9 16.6 14.2 14.1 10.1 8.3
2001 12.5 15.6 14.1 14.2 10.2 8.4
2002 13.7 15.1 13.3 13.6 10.3 8.0
2003 12.5 14.4 12.9 13.5 11.2 8.3
2004 12.8 13.4 12.9 13.8 11.6 8.3
2005 12.2 12.8 12.7 14.1 12.7 8.3
2006 11.9 12.3 12.8 14.2 11.8 8.4
2007 11.9 12.0 12.0 13.8 11.4 8.3

 こうして全体のデータで見ると、NHKが大躍進……という感じには見えなくなってきます。昨年上半期は平均12.2%で2位につけていたNHKですが、最終的には団子のまま4位に落ち着いています。NHKの前回の大きな山が2002年、日韓ワールドカップの年だったことを見ても、「大型スポーツイベントのある年はNHKがかなり底上げされる」のが今年の躍進の理由として大きいと見ていいでしょう。

 そして、より明確に見えるのが、日テレとTBSの凋落です。日テレは最盛期から4~5ポイント、TBSは2ポイント前後、ズルズルと平均値を下げています。王者フジにしても暫減傾向に変わりはありません。テレ朝テレ東が低値安定をしているのは意外ではありますが、なんのことはない、民放三強が地すべり状態で落ち続けているのです。NHKがフジを抜いたというより、フジ・日テレ・TBSが勝手にこけて、マイペースで走っていたNHKがその横を通っていった、ウサギとカメ状態が現状といえるでしょう。

 今、若者、特にネットユーザーはどんどんテレビを見なくなっています。僕は若者というにはいささかおっさんですが、アニメと、テレ朝の夕方以降のニュース以外はほとんど見ません。なんでニュースはテレ朝かって? 声優の榊原良子さんがちょくちょくナレーションをするからです。実際、それ以外の情報は概ねネットで事足りるのです。

 昨今のバラエティでは、エンタ芸人や羞恥心やら、固定メンバーの芸人と、ジャニーズが大人気です。番組の予算削減と企画の枯渇から、似たようなメンバーが似たような企画を回す番組ばかりになりました。そういう番組しか、今は受けないのでしょうか? 僕は、誰もがそういう番組が好きなわけではなく、そういうのに飛びつく層以外にテレビというメディアが、もはや相手にされていないだけだと思います。今後若年層が減少し、ご老人が増えますから、NHKの視聴率トップは、珍しくない光景になりそうな気がします。

 僕も、昔は芸人好きだったはずなんですが。どの辺で切ったのかなぁ……やっぱアレか。「芸人歌がうまい王座決定戦」あたりでしょうか。芸人が内輪で笑いを取らず、カラオケに興じるってのは、最近のテレビの駄目さ・くだらなさを煮詰めた番組な気がします。

 提案なのですが、TBSは「風雲たけし城」を、日本テレビは「アメリカ横断ウルトラクイズ」を毎週ゴールデンで再放送してくれないですか。必ず見るのですが。

2008/09/26 21:33 | Comments(1) | TrackBack(0) | そのほか。
らめぇっとまらない、とまらないの!!
 一度出始めて勢いがつくと、幾ら止めようと思っても止まらないものです。半泣きになったところで、「おいおい、こんなに濡れてるじゃねーか」という状況ではどうにもなりません。

 遡ること3時間。仕事前にひとっ風呂、ついでにコインランドリーで溜まっていた洗濯物を回して、さっぱりして鼻歌交じりに帰ってくるとですね。なんか家の裏から「ドヴァー」って感じの音がするんですよ。正確には玄関に入る時点で聞こえていたんですが、その時点では、裏の女子高で水撒きでもしてるのかと思ってたんです。ところが、幾らなんでも長すぎる、そして近すぎる。

 おそるおそる見てみると……



 らめぇ。

 給湯器が地面に落下して、給水パイプが根元からぽっきり。倒れた給湯器に水ぶっかけ祭開催中の大惨事。給湯器はかなり重いので、自重か、はたまた近所の野良猫の仕業か……いずれにしても、駄目だこいつ、早く何とかしないと状態です。何を思ったのか配管を押さえてぷしー! とかなってみたり。もちろん止まらないです。わわわわ。こういう追い詰められた時、思い知るのが“広告”のおそろしさです。『ガンバ! Fly high』を愛読していた僕の脳裏に、咄嗟に流れてきたのは「くらーしあんしんクラーシアン♪」という森末慎二の緊張感のない歌声でした。即座に連絡すると、「今作業員が出払っているので、しばらくかかります」とのこと。神よ!

 ただ、クラシアンの電話のお姉さん(略称・クラシアン)がその時、気になる一言を漏らしたのです。「支払いはその場で現金でお願いします」。……ん? ちょっと待てクラシアン。僕の現状を思い出せ。確か先日、めまいがするような額の住民税の請求が来たんじゃなかったか? で、ぶ、分納の相談してみよう、とか思ってなかったか? 仕事先が変わった関係で、来月末ぐらいまで、僕はかなーり貧乏さんなんですよ。今まとまった金額が出て行くと、資金繰りがショートすることは目に見えています。そして……ことここにいたって思い出すのが「確かクラシアンってかなりボラれるよなぁ……」ということ。配管の根元からやられてたりすると、どれぐらい持ってかれるんだ……?

 しばらく算盤をはじいた結果、結論は、無理! 払えないならしょうがない。ごねましょう。元栓を締めるのが先かなぁ……と思いましたが、現状がどれぐらい悲惨かを見てもらったほうがよさげだったので、とりあえず管理会社の不動産会社にカムヒアーの連絡。「こりゃ大変だねぇ…」と言葉を失う不動産会社さんと世間話をしながら、

「うちに帰ってきたらこうなってたんですよ」
「立て付けが悪くなってたんですかね」
「この給湯器、ものすごく重いですから、ねじ止めがガタ来てたのかもしれませんね」
「この辺野良が多いから足場にでもされたかな」
「とにかく困ってんですよ」

 と、とにかく「俺には責任ねーからな!」ということを全力で主張しました。で、修理と支払いはお願いできますか、ということを伝えると、

「修理終わったら、請求書は大家さんに回しておきますので」とのこと。……我が家の平和は保たれた! 地元の馴染みの水道業者を紹介してもらって、クラシアンには見積もり前にお断りの電話をしました。元栓締めて水道業者のおっちゃんに応急処置をしてもらって、今日のところは作業完了。明日には本格的に直してもらえるそうです。

 今回の件で一番驚いたのは、軽くパニックになった時に、真っ先に出てきた自然な反応が「クラシアンに助けてもらわなきゃ」だったということです。それだけ、繰り返し刷り込まれたCMの効果ってのは大きく、多少コストが高くても「緊急事態」に24時間即応してくれる業者の需要は無くならないのでしょうね。皆さんも、家に帰ったら裏の給湯器が水を噴出していた時は、クラシアンを呼ぶ前にちょっと落ち着きましょう。…でも、家の外で、本当によかった。家の中で水道管破裂とかだと、こんなパニックじゃ済まなかったでしょう。

2008/04/14 19:13 | Comments(0) | TrackBack(0) | そのほか。

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]