忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/29 14:43 |
2011年のアイドル声優界
 今日街中を歩いていると、とある高級中華料理店で「平野○○○○会」といった予約が入っていました。一瞬だったので詳しくは見えなかったのですが、「平野綾を大いに盛り上げる業界關係者の団」略してHOG団のような秘密結社が存在しているのでしょうか。イルミナティに集う覆面の紳士たちが、ろうそくの灯りでヤングアニマルの品評会とかやってると素敵ですよね。このまま数年後は平野綾さんが天下をとっているのか、それともまだ見ぬ誰かがこれから出てくるのか。なんとなく、3年後の女性声優界はどうなっているのかを妄想してみました。役者というより、歌手・アイドル声優としての人気に軸足を置いた妄想です。

●御三家の3年後
 現在の女性声優界の人気の3トップが、堀江由衣さん、田村ゆかりさん、水樹奈々さんの3人であることには異論が少ないと思います。4人目を挙げようとすると大抵ののしりあいが始まりますが。このうち、水樹奈々さんに関しては2、3年後も変わらずトップに君臨していることと思います。やはり御三家の中では若干年齢が下で、ファン層も若いのがその要因です。田村ゆかりさんに関しては高い演技力に加え、トーク力がズバ抜けているので、こちらも安泰かな、と。既存のタイプとしては、林原めぐみさんのように、確かな人気を保ったままラジオと固定ファン層をターゲットにしたCDで存在感を発揮していくと思います。動向がちょっと読めないのが堀江さん。「アイドル声優」を具現化したような存在であるだけに、どこかの時点でシフトチェンジするのかに注目が集まります。もっとも、5年たっても10年たっても変わらずにキラキラしているような気がしなくもありません。

●ハルヒ世代の3年後
 御三家の後に続く、若手世代の最右翼が平野綾さんなのは間違いないと思います。ただ、平野さん陣営の視線はオタク以外にも向いているようなので、グラビア露出やパンクロックテイストの強い音楽性が継続的な支持を得られるかが勝負だと思います。勝負どころのハルヒ2期が、アルバムやライブツアーと相乗効果をえられるタイミングにあうかどうかが大きな分岐点になりそうです。茅原さんは2008年~2009年のシーズンでどれだけ固定層が掴めるか。しかしいわゆる「アイドル声優」よりは歌唱力を前面に出したアーティスト路線なので、年齢の制約を受けにくいようにも思います。ただ、最近はアーティスト色を出しすぎな気もするので、「すげー歌うまい」と「残念な子」のバランスをとった舵取りが必要そうです。邑子姐さんは3年後もなんも変わってなさそうです。

 平野綾さんと同世代のライバルたちですが、今年存在感を出してきたのが戸松遥さんと中島愛さん。出演数なら戸松さんですが、中島さんもマクロスFという看板作の効果は大きいと思います。個人的には、明坂聡美さんは素材的には平野さんのライバルたりえる逸材だと思うので、新でじこ組の躍進にも期待ですね。

 あとは、堀江由衣、田村ゆかりを生み出したアーツ・アイム系にもやはり注目です。アイドル声優をスターダムへと上げるノウハウと繋がりがあるってことですからね。アーツ・アイム系でプッシュを受ける可能性があるのは、藤田咲さん、下田麻美さん、滝田樹里さん、狩野茉莉さんなどが思い浮かびます。個人的には、「elements(下田さんと狩野さんのユニット)は次世代のやまなこになる」かもしれないと主張してるのですが、どうなることでしょうか。

 トータルすると、御三家を中心としたトップ世代は、2年、3年のスパンでは案外変わらないのではないかと思います。坂本真綾さんも、活動のサイクルが長いだけにまったく問題ないと思います。で、若い世代の中で活発な新陳代謝が行われるようになるんじゃないかと。トーク・ブログのテキスト・かわいさ・声優としてのスキル・歌などを総合すると、案外下田麻美さんが数年以内に大本命に浮上しそうな気もするんですが、これはアイマスファンとしての贔屓のしすぎでしょうか(笑)。
PR

2008/05/07 18:34 | Comments(19) | TrackBack(1) | 雑記(アニメ系)

トラックバック

トラックバックURL:
■2011年のアイドル声優界 今から3年後か。堀江由衣、田村ゆかり、水樹奈々3人とも30超えますが、人気は変
アニゲ めもんが φ(=ω=.) | 2008/05/24 17:06

コメント

そうか、くぎゅはアイドル声優じゃないのか!
posted by 中野の留年生 at 2008/05/08 12:41 [ コメントを修正する ]
くぎゅは病気の一種ですw
posted by NONAME at 2008/05/08 15:08 [ コメントを修正する ]
次世代の声優さん達は、どれかスキルが足りない気がしますね。

御三家やハルヒ世代の方々もいろいろあってここまで来たので、ほんとに2~3年見ないと難しいです。
posted by yui at 2008/05/08 21:13 [ コメントを修正する ]
平野綾はポスト椎名へきるじゃないのか。
管理人さんが何を持って御三家としたか聞きたいんだが。
posted by ハル at 2008/05/08 21:32 [ コメントを修正する ]
演技力のアップには、本人の努力・才能、場数、見ている(聞いている)こっちが慣れるw の要素があると思うのだが、堀江・田村が20代前半だったのは深夜アニメが急に増えた時代で場数がたくさん踏めたのに、今の若手の人たちは上が詰まってて断然不利だわな。

こうなると昔以上に事務所の力というか、センスが重要になるのかなあと。間違った子をプッシュすると昔以上に損するから。
posted by ふみ at 2008/05/08 22:14 [ コメントを修正する ]
>中野の留年生
釘宮さんは役者さんだと思ってます。
キャラクターの歌でも演じられる役者。

>02
日野ちゃまはセットでですぎ。

>yuiさん
みんな若いですからねぇ。
といっても、「芸能事務所組」と「子役劇団組」はやや毛色が違いますね。

>ハルさん
椎名へきるさんは、林原めぐみさん、國府田マリ子さんといった世代でくくってるので、僕が現世代と次世代で考えるときは17歳世代と20歳前後、それから作品・事務所単位の注目になります。
僕は基本的に売り上げベースで考えるので、歌に力点を置いている御三家といえばやっぱりその3人になります。

平野綾さんに関しては、「京アニとセットでない平野綾」の真価が問われるのは、2010年~2011年あたりだと思うのです。

>ふみさん
上が詰まってるといわれてた男性声優界も、徐々に若い世代が出てきましたね。ただ、「声」で勝負できる男性声優に比べれば、まだまだ新陳代謝の余地はあるでしょう。
偏見かもしれないのですが、声優本人の年齢が下がるほど、移り気なファン気質になる気がします。現状。
posted by なかざと at 2008/05/08 23:11 [ コメントを修正する ]
釘宮ってアイドル声優ならONLYコンサートとかやってるの?
posted by NONAME at 2008/05/09 14:25 [ コメントを修正する ]
>平野綾さんに関しては、「京アニとセットでない平野綾」の真価が問われるのは、2010年~2011年あたりだと思うのです。

私は3年後に"アイドル"声優として平野綾が君臨しているとは到底思えません。
上記の堀江由衣、田村ゆかり、水樹奈々より圧倒的にアンチが多いのも理由の1つです。勿論、本人の演技力や歌唱力を考慮して、更に事務所の力からいってもそれなりのポジションにいて然るべきだと思いますが、3年後に"アイドル"としての旬は過ぎていると思います。
彼女にはもっと上のレベルにいて貰いたい。
私の半分願望でもあるのですが…。
posted by ハル at 2008/05/09 20:42 [ コメントを修正する ]
>07
前述のとおり、僕は釘宮さんは「キャラクターの声に関することを全部やる職人(キャラソン含む)」だと思ってるので、アイドル声優と考えません。のでほかで聞いてください。個人名義でのライブはやってません。

>ハルさん
僕の中で、「アイドル声優」にネガティブな意味はありません。「表に出てキラキラ輝く偶像」と「裏方として仕事に徹する声優・役者」というタイプの違いです。優劣はありません。

平野さんに関してはちょっと意味合いが違っていて、3年後も「声優」の枠にいるのかという疑問はあります。
posted by なかざと at 2008/05/10 07:23 [ コメントを修正する ]
>3年後も「声優」の枠にいるのかという疑問はあります。


結局、管理人さんも最初に私がいった事(平野綾はポスト椎名へきるじゃないのか。つまり声優業のみでないと言う所で)に帰結していると思うのですが…。女性版山寺宏一と言ったら過大すぎるかな(笑)。
posted by ハル at 2008/05/10 23:43 [ コメントを修正する ]
水樹さんはこれからも鉄板でしょうね。
あとは、能登さんや井上マリナさんが地位を更に高めていそうですね。

茅原さんは演技力があれなのと、事務所がAベックスなのでNGが多すぎてラジオ等で使いにくいとかがありそうです。

関係ないですけど、加藤英美里さんがどうなるかが気になりますね。
このままじゃ、消えていくかなぁっと。
posted by NONAME at 2008/05/15 14:18 [ コメントを修正する ]
>ハルさん
「声優の枠外にいること」に対する捕らえ方の違いだと思います。
僕は、声優には声優でいてほしいんです、基本的には。「声優であること、あったこと」を根っことして大事にしてくれるなら、どんどん外で活躍してほしいと思うんですが。

>11
能登さんや井上さんも今回のエントリーの対象ではないのですけどね。最近大沢事務所組のいやらしアニメ方面の許容度が上がってるのは気になってますが(笑)。加藤さんは、とってもいい子なので僕は応援したいなぁ。

茅原さんに関しては、今はエイベックスよりもランティス色が強いと思いますよ。彼女に関しては「歌姫」としての売り方にシフトしてると思うので……「2年前の茅原さん」に関しては仰るとおりだと思いますが、そろそろ「少し棒っぽいのも魅力」という時期に来てるかと。スキル的に巧い=売れるのではなく、さまざまな意味で魅力的な、そして時流に乗った人が売れるのが、芸能商売の難しさだと思います。
posted by なかざと at 2008/05/16 10:57 [ コメントを修正する ]
出会い系からセフレをゲットしたらすぐヤレました!!

posted by 援交サイト URL at 2010/10/07 10:08 [ コメントを修正する ]
出会い系で知り合った女と連絡が取れなくて泣きそう(ノω・、) ウゥ・・・

posted by 出会い系サイト URL at 2010/10/19 15:35 [ コメントを修正する ]
アド交換で会える
posted by 会える出会い系 URL at 2010/11/17 19:31 [ コメントを修正する ]
おもしろいブログですね。また来ます。
posted by たかし URL at 2011/01/12 22:15 [ コメントを修正する ]
とても勉強になりました。
posted by たかし URL at 2011/02/07 21:13 [ コメントを修正する ]
2011年の現状
水樹奈々:相変わらずトップ声優(メジャー志向)
田村ゆかり:固定客中心で、奈々とは違う意味でトップ声優 堀江由衣:奈々とゆかりの中間で、安定
戸松遥:スフィアで、次の世代の代表(メジャー志向?)
posted by 広告じゃないよw at 2011/05/23 12:29 [ コメントを修正する ]
とても勉強になりました。
posted by NONAME URL at 2011/07/13 14:19 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<『神のみぞ知るセカイ』がキモチイイ理由 | HOME | 個人ブログのメディア化の行方~メディアのターゲットゾーン>>
忍者ブログ[PR]