忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/25 15:51 |
『神のみぞ知るセカイ』がキモチイイ理由
 若木民喜さんの『神のみぞ知るセカイ』が、とても面白いです。

 若木民喜さんと言えば、最近、想像以上のギリギリの生活を漫画家自身が告白したことで大きな話題になった漫画家さんです。連載デビュー作となった『聖結晶アルバトロス』は、少年サンデーの2006年1号から51号まで連載されて、やや打ち切りムードを漂わせながら終了しました。『聖結晶アルバトロス』の印象は、「絵柄や女の子はかわいらしいのに、設定の作りこみが少年誌向けではない。もったいない」という感じでした。

 そんな若木民喜さんが満を持して発表した最新作が、『神のみぞ知るセカイ』です。ストーリーは、ギャルゲーをヤりつくした神とも言うべき少年(つまり俺たち)が、現実の少女たちを攻略しなければイケない立場に追い込まれる、というもの。二次元のテクニックで三次元の女の子をオトす……という二次元のコミック。なんだか頭がグラグラするパラドックスですが、この作品ではその違和感をいい意味で昇華していると思います。

 その理由のひとつは、若木さんがギャルゲーというものを知り尽くしていること。作中に出てくる「テンプレート通りの少女たち」は、ギャルゲーのテンプレートを一歩も外していません。まったくぶれていません。これは、通常なら悪口になります。しかし、「テンプレート通りのキャラクターを意識的に作る」には、そのテンプレート、すなわちジャンルにおける造詣の基本をすべて身につけていなければなりません。そんなことは、神様にだってできません。

 ではなぜ、若木さんにはそれができたのでしょうか。それは、若木さんがギャルゲーの神レベルのプレイヤーである、というのが一段目。二段目は、『神のみぞ知るセカイ』がプレイヤー視点で作られた作品であることです。キャラクターのツボや、動き方に対する判断が、「ギャルゲー・エロゲープレイヤーの目線での」判断なんですね。僕らは、人間の心や、性格や、個性を完全に把握することはできません。しかし、「ゲームをプレイしている自分の心」に関しては、誰よりもリアルに知っているのです。だからこそ、若木さんがありきたりなギャルゲープレイヤーであればあるほど、その判断は、僕らありきたりなギャルゲープレイヤーに「グッと来る」のです。だから、『神のみぞ知るセカイ』は、その価値観を共有できる人にとっては、最高に面白いのです。

●神々が抱えるストレス
 めでたしめでたし。……なのですが実は、『神のみぞ知るセカイ』がキモチいい最大の理由は他にあります。こちらの理由は、すれっからしのギャルゲーマーほど強く同意してもらえると思います。それは、

「主人公が常に正解を選ぶこと」

です。主人公は、セーブロードもないクソゲーバランスのゲームに対して、経験に即した判断からTrue ENDまでのルートをまっすぐに立てます。時に失敗はあっても、それはすべてTrue ENDに至るために必要な、最低限のルート回収なのです。

 こんな主人公に、憧れたことはありませんか? だって僕たちギャルゲーの神々は、いつだって答を知っているのです。おそらく、このあとはこうなる。おそらく、この女の子はこう押せばオチる。わかっているのに、延々数十分、数時間と日常と非日常を繰り返させられるのです。そうしなければ、ゲームが成立しないからですね。しかし、こうした不合理を、ギャルゲーは総じて「主人公の鈍感さ」で解決してしまいます。わかりきった答が目の前にあるのに、主人公の珍妙な判断と暴走に引きずりまわされる……それは、わかっているプレイヤーにとって耐え難いストレスです。そうした鬱屈した感情を、この作品は一刀両断に解消してくれるのです。これがキモチよくないはずがナイ! 僕は頼まれ仕事でエロゲのシナリオを書くとき、あまりにもお粗末な違和感を感じるポイントに関しては、こっそりと修正したりしますが、それにももちろん限界があります。テンプレ通りのナオンたちを、正解ルート一直線で秒殺する。それは、作り手にだって叶えられないユメなのです。

 最後に、僕は『神のみぞ知るセカイ』が面白かったことが、本当に嬉しいです。漫画家さんは、本当に大変な仕事です。そして、ちょっといいな、と思う部分がどこかにあった作家さんが、ものすごく苦労をして、人生すべてを賭ける勢いで臨んだ作品であることを知れば、自然と応援したくなります。それが人情です。でも、そうやって心機一転始まった連載の多くは打ち切られていきます。それが現実なのです。僕らは期待の新連載に対して、「○○(絵柄・設定・キャラ等)はいいよね」と愛想笑いを浮かべながら、10週突きぬけの可能性を強く感じていたりします。

 だからこそ、そうした作家さんの一人が、「おもしれえ!」と思えるものを描いてくれたことが、僕はとても嬉しい。そして同時に、それが一般層に届かず消えてしまったら、と思うとすごく怖いです。だから今回テキストを書きました。ネットで少しでも話題になって、連載が続きますように。若木さんの原稿料が上がりますように。アニメ化とかされちゃって、アイマスの声優さんを使ってくれますように。そんな風に願うのです。
PR

2008/05/07 23:45 | Comments(6) | TrackBack(4) | 雑記(小説・コミック)

トラックバック

トラックバックURL:
若木民喜氏が少年サンデーに連載されている「神のみぞ知るセカイ」の1巻が11日に発売になった。主人公はギャルゲー攻略の神 の高校生で、心のスキマに隠れた『駆け魂(地獄から抜け出した悪人の魂)』を捕らえるため、ギャルゲー攻略手法で女のコを落とす漫画。1巻....
アキバBlog(秋葉原ブログ) | 2008/07/12 10:24
若木民喜氏が少年サンデーに連載されている「神のみぞ知るセカイ」の1巻が11日に発売になった。主人公はギャルゲー攻略の神 の高校生で、心のスキマに隠れた『駆け魂(地獄から抜け出した悪人の魂)』を捕らえるため、ギャルゲー攻略手法で女のコを落とす漫画。1巻....
アキバBlog(秋葉原ブログ) | 2008/07/12 10:26
神のみぞ知るセカイ1巻は、アキバのとら・メロン・K-Booksでは、14日の時点で完売していたり店頭で見つけられなかった。メロンの中の人いわく「こんなに売れるとは思わなかった」
アキバBlog(秋葉原ブログ) | 2008/07/15 12:22
神のみぞ知るセカイ1巻は、アキバのとら・メロン・K-Booksでは、14日の時点で完売していたり店頭で見つけられなかった。メロンの中の人いわく「こんなに売れるとは思わなかった」
アキバBlog(秋葉原ブログ) | 2008/07/15 12:22

コメント

編集さんもキャルゲーに詳しいってのもおもしろくなる一員だはないだろうか?金剛番長と同じ編集らしいし。
posted by かめ at 2008/05/08 20:50 [ コメントを修正する ]
一応アイマスもプレイされていますからねw
でも本人はそれほどギャルゲに詳しくないと言ってますが…
posted by NONAME at 2008/05/09 20:40 [ コメントを修正する ]
>かめさん
編集さんの関与の度合いによりますね。この場合は大きいのかも。

>002さん
わかってる感を感じるので、あるいは編集さんとかのネタもあるのかな?
基本的に作品を見た印象で書いてるので、ご本人の実際と照らし合わせるとあわない部分もあると思います;
posted by なかざと at 2008/05/10 00:02 [ コメントを修正する ]
なるほど。と思いました。
間違わない主人公はカッコイイ。という魅力になりますね。
ヒロインが話ごとに変わってしまうので、主人公をどんどん魅力的で格好良くすることが大切だと考えてみる。
posted by NONAME at 2008/05/10 22:16 [ コメントを修正する ]
>>2
本人ギャルゲ詳しくない発言してるんですね。
かつてはあの伝説のエロゲカウントダウンの管理人をしてたなんて噂も流れていますがどうなんでしょうね。
posted by NONAME at 2008/05/11 01:22 [ コメントを修正する ]
主人公がメガネをくいっ、とポーズをキメるのがたまりませんな。
しかし気に入ったヒロインは攻略したら出てこない、というのが少し寂しいですね。
posted by NONAME at 2008/07/11 22:09 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ローソン横の歌姫“シェリル・ノーム” | HOME | 2011年のアイドル声優界>>
忍者ブログ[PR]