忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20 14:13 |
まだあげそめしアマガミの
カトゆーさんに“何か髪質にこだわりを感じるような。”というコメントを頂いて、ビビビと来たので突発更新。僕も髪の毛の質感にはこだわってるなあというか、梨穂子の毛先の微妙なはね方が、なんかちゃんとブローしてない感じというか、不器用っぽくてぽっちゃり幼馴染らしくかわいいなあ、とは思ってたのですが……髪、ですか。

甘噛みという単語の強烈さにまず飛びついていましたが、噛み、よりはずっとぎゃるげ的な単語ですよね、髪。

甘い髪。
亜麻(色の)髪。
雨髪。

……“アマガミ”。

また、あまには尼から転じて未婚女性を指す意味もあります。うーん、正直甘噛みという直接的な行為よりも、いろいろと妄想の翼が広がる余地のある単語かもしれません、髪。余談ですが、えろげ界のキミキスハードコアと名高きwinersの『KISS×200』シリーズでも、髪の毛に対しては、数は少ないもののやけにフェティッシュなこだわりがあったような気がします(※『KISS×200』シリーズは、キスが一番エロい粘膜接触であるという思想の元、作品の2割が北方領土、7割が無差別エロキス、残りがその他性行為という怪作ですので、素人にはお勧めしません)。

案外髪と甘噛み、どちらも核心をついたダブルミーニング、掛詞の類なのかもしれません。確かにアホ毛に代表される記号化された萌え頭とは、色合い、質感ともに一線を画すアマガミ。そちらの視点からもチェックが必要そうです。
PR

2008/09/28 13:43 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記(ゲーム系)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<< さよならだけど さよならじゃない。 | HOME | アマガミの情報公開のタイミングを考える。>>
忍者ブログ[PR]