忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/25 15:51 |
アマガミの情報公開のタイミングを考える。
 『アマガミ』強化ウィーク続きます。今回は、発表のタイミングについて。

 『アマガミ』の第一報が掲載されたのは、9月26日売りのファミ通でした。そして作中の物語の終着点はクリスマスです。情報解禁日はファミ通の発売日の金曜日に合わせるのが当然なので、ほぼクリスマス3ヵ月前の告知ということになります。これは、まさかのクリスマスイブ発売もありえるんじゃないか、という気がしてきますね。ちょっと陰鬱な気持ちにひたりたくて、昨年のクリスマスイブは自分は何をしていたんだろう……と考えたら、ドラマCDのアフレコで能登さんとか取材してた気がします。一昨年は、下田麻美さんの舞台「また逢おうと竜馬は言った」を見た後、マリみてのアフレコで能登さんとか取材してたような。いかん、自分的にはわりと充実しています。3年前は……『レッスルキングダム』の発売記念イベントで新日本プロレスの中邑と棚橋を取材する予定を入れていたら、セーブデータがハードディスクに保存できない致命的なバグでゲーム自体が回収騒ぎになってお流れ、一人家で『マビノギ』のクリスマスイベントを楽しんでいました確か。よし、やはりオタクのクリスマスはこれぐらいジメジメしていないと。

 さて、そんなジメジメしたオタクたちのクリスマスに、夢と嫁とひとかけらの絶望を運んでくれるはずの『アマガミ』ですが、なんと既にamazonの予約が始まっています。手回しのいい……とも思いますが、実は通常のゲームの発売サイクルを考えると、これはいたって自然なタイミングです。amazonの反応が特別すばやいのではなく、『アマガミ』の情報解禁が遅かったのです。

 通常、家庭用ゲームの第一報が出るのは、発売の半年ぐらい前だと言われています。理由は色々あると思いますが、ゲームの情報伝達が雑誌媒体中心だった頃、月刊誌ペースで世界観を紹介して、システムを紹介して、キャラクターを紹介して、序盤の情報を出して……とやってると、大体半年ぐらいはかかってしまうこと。それから発売半年前ぐらい前には、まとまった形で情報や絵素材を出せるぐらいでなければ、期日どおりの発売は覚束ない……といった、様々な要因が絡み合った結果だと思います。最近でも日本一ソフトウェアやフロム・ソフトウェアのような中堅どころは、半年ぐらい前から、毎週のように新規素材を小出しにしてくる気がします。工画堂スタジオなんかは、半年前にプレリュードディスクを出してきたりしますし、やはり“半年”というのはパブリシティの上では結構キリがいい単位なんでしょう。

 逆に、発売日の決定や詳細情報の公開から、ソフトのリリースまでのスパンが短い企業といえば、任天堂です。以前にも書いたかもしれませんが、それは任天堂が雑誌媒体を中心とした、既存のゲーム宣伝のチャンネルを必要としていないからです。大手広告代理店を介して、TVCM、一般誌や山手線などへの幅広い広告出向で勝負をかける任天堂にとっては、発売直前の短期に集中して広告費を投入したほうが効率的なんですね。なもので旧来のゲームメディアで仕事をする人間にとっては、近々になっても絵素材が出てこなかったりして、わりと困ることもあります。

 で、『アマガミ』情報解禁のクリスマス3ヶ月前というタイミングについてですが、開発状況的な話で言えば、実はいつでもよかったんじゃないかなー、と思っています。『キミキス』からはシステム的にはかなり洗練されているようですが、実は『キミキス』は廉価版発売の段階でシステム周りにかなり手をいれ、既に相当改善しています。『アマガミ』はそれを土台にしての開発ですから、シナリオと音声収録さえ順調なら、既に開発状況が限りなく100%に近くてもおかしくないと思います。

 では宣伝の視点から考えるとどうでしょうか。前作『キミキス』は2006年5月発売ですが、2005年の9月ごろには、既に情報が出ていました。実に8ヶ月の溜めを作っていたんですね。それではなぜ今回は…と考えると、やはり、その『キミキス』の存在が大きいのだと思います。僕らは、『キミキス』チームの目指す方向性、システムの基本などを既に知っています。そして、宣伝開始時点での作品自体の知名度・浸透度も、当然『キミキス』の出発点とは全く違うわけです。つまり、ゲームを宣伝する上での最初の幾つかの工程、地ならしを『キミキス』が既に済ませているから、期間は短くてすむ…いえ、鮮度や熱の持続の意味では、短い方がいいのですね。

 落としどころが9月末なのは、2週間後の東京ゲームショーを睨んでと考えるのが自然でしょう。通常、“今冬発売”といえば年越しが定番ですが、クリスマスを目指す物語の発売が年明けでは、どうにも締まりません。フラグゲーの場合突発的なバグによる順延のリスクは一応織り込みたいところなので、12月中旬ぐらいには発売するんじゃないかなと思います。TGSにプレイアブル出品して、ファミ通で2ヶ月集中的にプッシュ、年末商戦ウハウハ。タイミング的にもよいと思うんですが、いかがでしょうか。
PR

2008/09/28 08:05 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記(ゲーム系)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<まだあげそめしアマガミの | HOME | 『アマガミ』のキャラデザのスタンス>>
忍者ブログ[PR]