忍者ブログ
『アマガミ』のキャラデザのスタンス
 東雲太郎先生の『キミキス』二見さん編がおもったほどにはエロくなくてちょっと残念だった全国の皆さん、オッスオラメタルユーキ! 昨日売りのファミ通で、ついにキャラクターが発表された『アマガミ』。普通なら第一報でコメントは気が早いと思うのですが、こと『キミキス』の続編であればキャラクター設定と立ち絵、CVで勝負は70%ついているのです。ま、検討はずれな第一印象を書けるのも今だけってことで。

●ヒロイン6トップ体制?
 前作『キミキス』のキャラ設定は、キャラ立ちと差別化に力点を置いていたように思います。まずギャルゲーの基本キャラ分けポイントである髪について、「色」と「髪型」で明瞭な区別がされていました。栗色のロングヘアの星乃さん、小動物系ショートカットのうどんちゃん、明るめの髪色でおさげの摩央姉ちゃん、アスカターンの活動的なしっぽ。美しい黒髪の二見さんと深月はストレートの長ロングと肩口まででややボリュームあり…と住み分けができています。ぱっと見でキャラクターの見分けがつくんですね。キャラクター設定やストーリーに関しても、摩央チェックや孤高の天才少女・実験など、かなり強力な引きがあるキャラクターと、うどんちゃんのように明らかにサブっぽいキャラクター(設定的には強烈ですが)がおり、ある意味発売直後から人気の動向は見えていました。時間がたって人気的な逆転があったのは、第一印象のキャラ立ちが強いアスカターンと、シナリオを進めないと味がわかりにくい(センターヒロインの常として、アクがない)星乃さんが入れ替わったぐらい? ある意味予想通り、二見さんと摩央姉ちゃんの二強という状況は動きませんでした。

 一方、『アマガミ』ですが、全体のバランスや差別化よりも、個々のキャラクターをヒロインとして成立させることに力点を置いている気がします。先日たまごまごさんと「ヒロイン的立ち位置は髪の長い女の子が多い」「前髪下ろすのはヒロイン属性?」みたいな話をしたのですが、全体的にみんな髪の毛長いスね。髪型的に目立つのはウェービーな棚町薫と、ツインテの中多紗江ぐらい。髪色も黒四、茶二。印象的に絢辻詞、七咲逢、森島はるかあたりは、割合かぶってます。もちろんある程度ギャルゲー慣れしていれば「詞は前髪ぱっつんぎみのロングでアーツっぽいな。瞳の大きな黒目がちで天下無敵で仮面優等生立ち位置センターか。ほっちゃんじゃん」とか「七咲は猫系」とか「はるかは森羅様系」のようにすっと入ってきますが、カタギの衆にはちょっとわかりにくいかもしれません。でこもショートもなし、黒髪中心で制服も黒系統の冬服なんで、全員並べるとちょっと絵的に重いぐらい。このあたりは、今回はある程度リアルさを重視しているのかな、と。最近茶髪の女の子は目に見えて減ってますし、なかなか絵に描いたようなポニーテールやおさげって見ないですからね。しかし逆に言えば、“ヒロイン度”にそんなに差がないんですよね。

 わりと表道裏道はありますが、メインを張りうるヒロイン6人に色々な味付けをしてみました、お好みのタイプをどうぞ、という感じで、キミキスとは違うバランスにしてきた気がします。ちょっと気になるのは「ふかふか」や「ぽっちゃり」が有効に機能するタイプの絵師さんではないように感じられること。あまり肉感のない、むしろそこが魅力のデザインだと思うんですね。ぽっちゃり幼なじみでCV新谷さんなら、ふとももはもっとバンビポップな感じに! などと思わなくはないのですが、そこはそれ、絵柄との相性もありますので。ぽっちゃりとふかふかに関しては、シナリオがどれぐらい引き出せるかによって、人気がかなり変動してきそうです。

 個人的には立ち絵では絢辻詞、七咲逢、森島はるかが、ぽっちゃり幼なじみの設定次第で化けそうな梨穂子、さばさばした悪友を演じる佐藤梨奈さんの演技が気になる棚町と、それぞれに魅力的で嫁を絞りきれない状況です(ごめんなさい、今のところ紗江ピンとこない)。

 とりあえず………………七咲逢は俺の嫁? いや、うーん。こんな曖昧なことではいかんですが、それだけ隙のない、帝黒アレキサンダーズ的チーム作りをしてきたのかなと。TGSでのプレイアブル出展を楽しみに待ちたいと思います。しかし第一報でこれだけテンションが上がるというのは、『キミキス』で築いた信頼があればこそだと思うので、ぜひそれに応えてほしいですね。
PR

2008/09/27 14:23 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記(ゲーム系)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アマガミの情報公開のタイミングを考える。 | HOME | 『アマガミ』はCEROの限界に挑むのか?>>
忍者ブログ[PR]