忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/25 15:52 |
『アマガミ』はCEROの限界に挑むのか?
 今週発売のファミ通で、エンターブレインの新作『アマガミ』が発表されました。あの『大神』を制作した旧クローバースタジオスタッフが再結集、新たにイワトシステムを採用し、Wiiリモコンで歌い踊ったアクションがゲーム内にフィードバックされ……といった小ネタを話していたのですが、もちろんそんなことはなく。

 『アマガミ』は、『キミキス』チームが放つ恋愛シミュレーション最新作です。一応、『キミキス』を知らない人のために説明すると、“キス”をテーマにした恋愛シミュレーションゲーム……というと聞こえはいいのですが、謎めいた怜悧な美少女(CV田中理恵)に理科室に連れ込まれて“実験”と称してけしからん接吻をしたり、高校に入ったとたんキレイになってしまったのがまぶしい幼なじみのお姉さんの膝小僧に接吻したりと、やりたい放題。ソニーチェック、そしてCEROの目をかいくぐって、いかに合法的にPS2でエロいことするか。そこにエンターブレインの総力・紳士力・童貞力を結集した傑作が『キミキス』なのです。そのクオリティの高さは、ギャルゲーには厳しいファミ通クロスレビューがシルバー殿堂入りさせていることからも伺えます! しかし『キミキス』のキャラクター設定と声優選択のあざとさは天才的であり、そのチームが満を持して送る新作には期待せざるをえません(うどんちゃんとかヒロインとしてはどうなのかという声もあるかとは思いますが、演じる水橋さも含めて、魅力的なキャラクターであることは確かだと思います)。

 さて、話を『アマガミ』に戻すと、タイトルから見る限り、アマガミ、がテーマになるのでしょうか。アマガミ。あまがみ。甘噛み。しかしこのあまがみという行為、なかなかに難解です。噛むと言っても、“妻子のあるあの人の肩口に歯型を”みたいなビジネスジャンプ的な行為では、ちっとも甘酸っぱくありません。ひとまず、狐汁的には「はむはむすること」をあまがみと定義したいと思います。ですが、これがまた難しい。あまがみって、日常の中で、ギャルゲー的シチュエーションに適応できるケースがどれくらいあるのでしょうか。ソニーチェック、そしてCELOの問題を考えると、「トラップカードセット! 性感帯、あるいはデリケートゾーンへのダイレクトアタック!」といった行為は行なえません。あくまでソフトでイメージを喚起しつつ、それ以上のステージに発展しないあまがみ……色々と考えてみましたが、耳、あるいは耳たぶをはむはむ、多少アクロバティックに鼻をはむはむ、シチュエーション限定で言えば、気の強い妹的キャラクターが主人公の指の傷を舐めているときに、主人公が他の女の子に気を取られてかぷ、などの状況ぐらいしか思いつきませんでした。主人公がダークシュナイダーであれば、ふとももや胸元、首筋もありだと思うのですが、エンターブレインのギャルゲーですから、主人公は毛も生えていなさそうなタイプでしょう。このあたり、おでこ、額、ほっぺ、唇、手の甲、髪の毛、首筋、膝小僧など、攻撃対象となる部位の多いキスに比べて、あまりにも戦術オプションの幅が狭いのが気になるところです。

 それでも、それでもエンターブレインならやってくれる! と信じたいのですが、ふたを開けてみると直接的な行為としての「甘噛み」をフューチャーした作品ではなくてユーザーブチキレ、みたいな展開もありそうです。プロデューサーインタビューのやりとりとか想定するとこんな感じ。

──タイトルが『アマガミ』ということで、え、キスの次は甘噛み? 色々大丈夫なの? と思ったユーザーも多いと思うのですが。
○○「よく言われます(笑)。しかしアマガミのタイトルは、直接的な行為を指すわけじゃないんです。子犬にとって、アマガミってのはじゃれあいであって、ここまでなら噛んでも大丈夫、みたいな。悪戯心がありつつも、決して相手を本気で傷つけようとする行為ではないじゃないですか。そういう、お互いの信頼関係の上に根ざした、ちょっとスリリングなやりとりを描きたくて『アマガミ』と名づけたんです」
──確かに、一癖あるヒロインたちが揃っていますね。

 みたいな。

 でも、“男殺しの天然女王”とかキャッチフレーズがついてる伊藤静さんのキャラに耳たぶあまがみとかされたら、それはもうZ指定だよなと。うーん。ですが、それでも、エンターブレインなら、エンターブレインならやってくれる! 個々のキャラクターについては、また後日書いてみます。
PR

2008/09/27 03:30 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記(ゲーム系)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<『アマガミ』のキャラデザのスタンス | HOME | 単に民放ウサギがすっころんだだけ。>>
忍者ブログ[PR]