忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/30 18:16 |
お前ら、古手神社の梨花さんの映画の公開日ですよ!
 本日、5月10日は実写版映画「ひぐらしのなく頃に」の公開日ですよ! 我々全国のオタク・DT諸君は、クソミソに叩いてやろうとてぐすね引いてるんじゃないかと思います。しかし、「原作に比べてどうだ」「原作と比べるとこうだ」という、見方。これは完全にズレていると、敢えて狐汁では主張したい。もちろん、そういったオタク視点での感想は僕にもあります。ネタバレのない範囲でさらっと挙げるなら、

・人間はともかく、「雛見沢村」の景色は面白い。小道具に関しては、昭和58年を再現したい気持ちと、破壊したい気持ちが入り混じってるふうで面白いが、そもそも原作自体が「時代設定を無視した萌え」を作品に盛り込んでいるので批判には当たらない。ゴミ捨て場に関しては、予算を考えてあげて!
・圭一のリア充ぶりとKY(非沖縄的な意味で)ぶりに、軽く舌打ちしたくなる。演じてる前田くんはほんとはもうちょっと好青年ぽいですよ
・作中の鷹野三四さんが漂わせる雰囲気が、火曜サスペンス劇場以外の何者でもない
・原作ゲーム(解パート含む)をすべてやっていないと、後半は置き去りにされていることに怒りを覚えるかも。
・興宮署の大石警部こと杉本哲太がすばらしすぎる。もう杉本哲太以外の何者でもない。大石警部とかいうキャラクターが完全に食われている。杉本哲太といえば「ミセスシンデレラ」で奥さんを寝取られていた人という印象ですが、何をやっても、何の作品に出ても、画面が“杉本哲太”以外の何者でもなくなる個性は濡れる。鼻てかりすぎ。
・保志版圭一を叩いていたあなたも、「俺が悪かったパッピー!」という気分になる。
・俺たちのトミーは、好青年っぷりを取り除いて、胡散臭さマックスにした感じ。
・小此木は、無駄にトミーとキャラがかぶっていて、無駄に一見さんを混乱させそう
・女の子がかわいい
・レナは時々ちょっと厳しい。「嘘だッ」の中原麻衣はやっぱり天才だな。
・魅音はふとももがまぶしい。雪野五月は全体的に天才だな。
・沙都子は空気であるが、AKB48って今こんなにかわいいの? なんか最初の発表会見の頃いた「君はアイドルはむりだと思うけどすごく応援したいよおっちゃん」という雰囲気の子達はやめちゃったの、それとも劇場に行けば元気で歌っているの?
・あれ、今奇跡の美少女が映ってなかった? ああ、俺たちの梨花さんじゃないか。
・作中の鷹野三四さんが漂わせる雰囲気が、火曜サスペンス劇場以外の何者でもない。

 のような感じです。僕はなんとなく映像全体から、監督あるいはスタッフからの「ああ、もう、なんてめんどくさい原作だ。はいはい、○○○○○群も謎の少年も山狗も惨劇も全部盛り込みましたよ! 謎解き! 知るか! これで1%も解けたら天才っていうか電波だよ! 俺は仕事はしたからな! だからあとは俺の趣味の美少女を撮る」というメッセージを受け取りました。舞台挨拶とかで見ると、僕は沙都子役の小野恵令奈さん(AKB48)が一番かわいいように感じました。あくまで個人の趣味ね。

 ですが、フィルムに残っている映像で見ると、あいかさんが演じる梨花さんが、時々びっくりするぐらいの美少女として映ってるんですよ。誤解を恐れず言うなら、実物より銀幕の中の彼女の方がかわいい。監督の偏執的な愛情を感じます。僕はあれを、我らがゆかり姫が演じる梨花ちゃまとしては認めませんが、古手神社の梨花さんとしてはとてもかわいらしい巫女さんだと思います。リハウスしてきた宮沢りえや、甲子園のポスターの女の子を愛でるような視線で見てください。また、ひぐらしファンとしても、「綿祭りの儀式」のビジュアル化は、かなり興味深いんじゃないかと思います。僕は面白かった。巫女よかった。

 正直、劇場版のひぐらしをクソミソに叩くのは簡単です。誰でもできますし、たぶん見なくてもできます。でも、せっかくお金を出して見に行くのなら、楽しみどころも用意しないと損です。なので、さらに厳選した狐汁流「劇場版ひぐらし」お楽しみポイントを抽出します。

1.雛見沢の景色がすごい!
 ゲーム(PS2版準拠)とかで、大体住民が死滅した時とかに見る村の1枚絵ありますよね? あれが現実の景色として見れることに感動しましょう。ああいう田舎、まだあるんですね。

2.大石警部が杉本哲太以外の何者でもない!
 劇場版は続きがあるそうなので、そのときはぜひ園崎関係者のビジュアル化を。議員さんは八名信夫とかがいいな。

3.鷹野三四さんが火曜サスペンス!
 全身から死んだり死ななかったりするオーラを出しています。

4.俺たちの古手神社の梨花さん!
 時々ハッとする美少女に映ってます。綿祭りの時の唇の紅が濃いのはお好みで。僕は平常時の巫女さんモードが一番かわいいと思います。「古手神社の」と執拗につけるのは、QBKの元彼女と混同されると想像するだけでイラっとするからです。

 というわけで、今日は古手神社の梨花さんのイメージ映画が上映されるので、みんな観にいこうぜ。観た上で梨花さんかわいいとか言ったりクソミソにしたりしようぜ、という話でした。田村ゆかりさんや水樹奈々さんがツアーでやってくるような土地では、大体今日公開のはずです。
PR

2008/05/10 06:55 | Comments(1) | TrackBack(0) | 演劇・舞台

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

なるほど~ビックリですね!
posted by セフレは20代がいい URL at 2011/09/26 20:46 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<たまに「アイマスが好きだぁ!」と人前で叫びたくなるので。 | HOME | ローソン横の歌姫“シェリル・ノーム”>>
忍者ブログ[PR]