忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/30 18:08 |
ゆかり王国民的X JAPAN
 昨日の日本武道館ライブで、田村さんが「間違って東京ドーム行った人いる?」「黒い服着てる人いた?」とネタにしていたX JAPAN東京ドーム復活3days。ライブ中は現場の楽しさであっという間に忘れてしまっていたのですが、帰りに飯田橋から総武線に乗り込んだ時点で、「あ、水道橋から黒い軍団が乗り込んでくるんじゃね?」と、超満員電車を覚悟しました。ゆかり王国ライブが18時スタート、東京ドームのX JAPANが18時半スタートですから、時間的にはバッティングしてもおかしくありません。なんせXは10年ぶりに復活のバンド、YOSHIKIの首はボロボロですし、曲数も多かった王国よりも長いライブはちょっと考えにくかったからです。ところが、水道橋に停車した時点では、ライブ帰りのファンの姿はゼロ。連れと、「そういえば、結局“ぶどうかーん!”は言わなかったね」などと言いながら通過しました。

 ドームの異変を知ったのは、居酒屋で王国トークに花を咲かせ、帰宅した0時過ぎでした。「ドームライブ、2時間17分遅れだって」とのメッセが飛んできたのです。2時間17分……武道館の終盤にスタートしたのなら、終わるはずがありません。僕は翌日の準備と、武道館関連の更新を済ませた時点で2時を回っていたのですが、散発的に入って来る情報を聞いているといてもたってもいられません。僕も直撃世代からは微妙にずれますが、hide好きとしてXにはそれなりに思い入れがあります。録画映像をすっ飛ばして、10年と2時間17分遅れのライブを視聴しました。

 オープニングは、「The Last Song」のSEから。10年前、東京ドームの最後を飾った「The Last Song」からまた始めよう……ということでしょうか。10年の時を経て、メンバーはおっさんになっていました。TOSHIは声を裏返らせながらも、意外に伸びのあるボーカルでした。バケモノアゴオトコと蔑まれながらも、フィールドの違う癒しの歌であっても、歌い続けて来たんだなぁ、と少し感慨深く。HIDEは……よく整理がつきません。彼の映像が多用されるのが、僕は嬉しいのか、嬉しくないのかすらも。PATAは、かつてを少しでも知っている人なら悲しくなる出来でした。HEATH、なんでイケメンになってレベルアップしてるんですか? なんですかこの40歳。『名探偵コナン』のED「迷宮のラヴァーズ」の人です。YOSHIKIには何も期待していませんでした。

 それでも、最後まで見届けようと、X JAPANの復活を見届けるテンションになっていたのですが……。それが来たのは、最初のMCでした。

TOSHI「…………東京ドーム!!」

 ……!!(モニターの前でつっぷっして笑いをこらえている)

 いかんですよ。こちとらゆかり王国武道館の余韻を無理やり抑えてなんとかX JAPANを見る頭にしてたんですが、「ロックバンドの人たちは、みんなブドウカーン!って叫ぶ」→「いつ言ったらいいかわかんないから、感極まったら言うね」→結局言わない、というゆかり姫コンボがガシーンとTOSHIに繋がってしまってですね、もうここからは完全に頭と見方が面白ですよ。早速王国民にメッセを入れて、「TOSHIがクケーッ!! て感極まって東京ドームって叫んだ!!」と報告です。その後はもう、「YOSHIKIの“今日は暴れん坊将軍で○△×□トラァ!!”て意味不明の叫びは、桃色メイツに対して“暴れん坊将軍(まつだいらけん)は武将じゃねーッ”ってツッコミだよ!」「いたのYOSHIKI!?」「YOSHIKIの2時間17分の遅刻は、王国の物販が予想以上に長かったに違いない」「会場の甘ロリゆかりコスの中にYOSHIKIが混ざってたか!」「それは気づかない!」「ああっあのレクサスはまさかYOSHIKIの!!」「YOSHIKIの首は、国歌のウンウンソダソダで完全に破壊されたんだ」などのトークで大変盛り上がりました(※武道館JR最寄の飯田橋駅とドームの水道橋は隣駅です)。

 おかげさまでX JAPANの第一夜“破壊の夜”も大変ニュートラルな状態で見ることができ、サポートメンバーでSUGIZOが入るとクオリティがぐっと締まるなぁ、しかしSUGIZOが入るとこれは完全にLUNA SEAのギターの音なのではないだろうか、SUGIZOは男前であるなぁ、hideの映像に合わせて演奏するのは、あまり練習をしないこのメンバーでは無理だろう……でも、サポートとしてのSUGIZOの仕事と、そのあとのまとまりの無さを見ると、このライブで唯一評価を上げたのはSUGIZOではないかしら……などと思いました。すいません、やっぱりX JAPANよりもLUNA SEAがしっくり来る(来た)世代なんです。

 それにしても10年ぶりに帰ってきた男たちのライブを誤爆で一瞬にして面白に変えてしまったゆかり姫。昨日は「武道館でもテンション的には普段着のライブ」みたいなことを書きましたが、まさか余波でドームの物語も粉砕してしまうとは思いませんでした。もちろん、僕のテンションがおかしかっただけだとは思うのですが……おかげさまで床に着いたのは明け方、翌日の東京国際アニメフェアでは、ずっと欠伸をかみ殺し通しでした。

 しかしもう、ロックバンドが「東京ドームッ!!」「武道館!!」と叫ぶたびに、「あ、この人感極まってる」と面白スイッチが入ってしまうのは、治りそうにありません。
PR

2008/03/29 21:18 | Comments(1) | TrackBack(0) | 雑記(アニメ系)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

それでも僕はPATAさんにライド・オンです。
posted by アキバ系誠意大将軍 at 2008/03/29 23:48 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<東京国際アニメフェア2008を軽く総括 | HOME | 「感極まったら言います。」3・28田村ゆかり日本武道館ライブ>>
忍者ブログ[PR]