忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20 14:01 |
咲かせて悪の華
 勇者とりうみは、予言を知る村人たちによって、大切に、大切に英才教育を施される。

「痛い、痛いよおじさん!」
「はっはっは、とりうみ、隙ありだ。…まったく俺たちは犬死確定だってのに、お前はあんなエロ姉妹と一緒に薔薇色の未来か。まったくうらやまねたまブツブツ…隙あり、隙あリィィィィィ」

「よいかとりうみ。ツボは壊せ! タンスは開けろ!」
「それはどろぼうじゃないの?」
「どうせ勇者が世界を救わねば、土民どもも死に絶える。徴発は当然よ! なぁに、帯刀して勇者を名乗れば誰も逆らえんて!」

「いい、とりうみ。お金さえあれば何でも手に入るのよ」
「とうさんはちからが無ければ何も救えない、力なきせいぎはむりょくだって言ってたよ」
「力も買えるのよとりうみ。お前も大人になったらそうね、4000ゴールドも武器屋に投げつけてやりなさい。はがねシリーズでも身に着ければ、多少の修行なんて無になるぐらいの力が手に入るのよ」
「どうやったらお金がもらえるの?」
「……デブとは視線を合わせないことよ。そのうち「とりうみ君、DSあるよ、遊ばない?」とか言ってくるから、適当にあしらいなさい。暗証番号を聞き出したら、デブは馬車に叩きこんで置きなさい。……全く、そんなに金があるなら養育費の前渡ぐらいすればいいのよ……ブツブツ」

 勇者とりうみは、予言を知る村人たちによって、大切に、大切に英才教育を施されていた。

「長老、もう限界だ! とりうみの奴、あんな我が侭放題に育っちまって」
「力と金が全て、そんな世紀末テイストの中二病にかかっているわ!」
「先日はついに、シンシアの頭がちょっと弱いのをいいことに……うう」
「静まれ皆の衆。とりうみには幼少から、都会の数々の誘惑に慣れさせる必要があるのだ。この水晶を見るが良い。純朴な田舎者のまま、とりうみを世に放った場合の未来じゃ……」

“どこにいくのもまかせるわ! なんならずっとエンドールにいてもいいのよとりうみ”
“ゆうわくにのりますか?”
“▼はい」”

“ひゃははははは、またスリーセブンだぜ。見たかマーニャ!”
“あーんもう、とりうみ最高! 抱いて!”
“まったくもう、姉さんもとりうみも、私がいないと駄目なんだから……ほら、そこのデブ。このツボを5万ゴールドで買わないと女房と子供が狂い死ぬわよ”

「なんてことだ……」
「妻公認の奔放な愛人と、生活を支える賢妻……完璧な堕落コンボじゃないか」
「欲望に流されないように、禁欲的で真面目に育てれば……」
「そんな抑圧された禁欲など……童貞があんな姉妹と無欲に旅などできるものか!」
「閉鎖環境で育った優等生に力なんて与えれば、僕は新世界の神になるとか言い出すに決まってるわ!」
「そう……魔王の悪の力を制するには、それ以上の悪を! 世界の半分などでは妥協せぬ徹底した悪が必要なのじゃ!」
「何が善で何が悪かなんてことは、後世の歴史家が語ればいいわ。そして歴史は勝者が紡ぐものなのよ」

……。

「いいかい、とりうみ。洞窟で売女どもが襲ってくるようなことがあれば、実力で誰が主人かをわからせてやるんだ」
「でもね、そのあとはうんと優しくしてやるんだよ……」
「流れ者なんてそれで一発さ!」

 勇者とりうみは、予言を知る村人たちによって、大切に、大切に英才教育を施された。

-------------------------

 5章に入りました。うちの勇者とりうみも、「ぼうぎょ」しかしていないけどレベル10くらいにはなりました。装備は全て、流れ者の姉妹が買い与えてくれています。ドサ健さんも、女は博打打ちの最後の財産だ、いざとなれば転がり込んで寝て食うぐらいはできるし、売れば金になると言っていました。早く財布に合流して、おいデブ、メッコール買ってこいよと言いたいですね。
PR

2007/12/13 13:18 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記(ゲーム系)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<かーずさんに乗っかって、勝手に俺白組を考えてみた。 | HOME | 悪トルネコの夢~狼と香辛料>>
忍者ブログ[PR]