忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/28 03:30 |
Wiiに見る広告スピードの変化
 新作ゲームの情報には情報解禁日というものがあり、それ以後、その作品の情報が世の中に出回ります。中には特定メディアのみ解禁日が早く、○○で第一報後、他メディアでも解禁……といったパターンもあります。こうした新タイトルの発売タイトルは、かつては数ヶ月、大作では半年ぐらい前から情報が公開されることが多かったように思います。これは、情報の伝達における「ゲーム専門誌」の比重が大きかったからです。小回りの効く週刊誌はいいですが、月刊誌などでは、どれほど作品を紹介したい気持ちがあっても、1ヶ月スパンの刊行スケジュールは固定で、ページ数も有限ですから、数度にわたって特集や情報を小出しにしようと思えば、どうしても数ヶ月単位での広報期間が必要になるのです。今でも、やりこみ要素が強いような、ゲーマーがお客さんのタイトルを主に扱っているメーカーさんには、早くから小まめに情報を送ってくれるところがあります。こうしたメーカーさんは、webメディアにとってもまめにネタを提供してくれるのでありがたいです。

 しかし任天堂に関しては、DSのヒット、そしてwiiに繋がる流れの中で、このペースに若干変化が出てきています。もちろん、ハードの購入を牽引するような目玉ソフトに関しては、他ハードメーカーと同様に、早々と開発を発表し、ユーザーを誘引する材料にしています。しかし、日常的にリリースされるソフトに関しては、かなり発表→発売のサイクルが早くなっているのです。これは、DSやWiiの購買層が、一般層に広く広がってきたことと無縁ではないでしょう。

 かつてのゲーム広報戦略では、このメーカーが好き、こんなジャンルの作品が好き、といった特定の顧客層に対してリーチするために、そこにマッチした広告媒体で宣伝を打つ必要がありました。しかし、今や「石を投げればDSに当たる」といった状況で、特定のメディアで宣伝を打つメリットが、それほど大きくありません。A誌に半年に渡って広告を掲載したところで、当然A誌の読者層にしかヒットしません。それなら限られた媒体に長期的に宣伝をさせるより、広告代理店を介して、短期間に全方位から大量の広告をばら撒いた方が、同じ予算ではるかに効果的な宣伝効果を上げることが出来るのです。JRで山手線を利用する人なら、WiiやDS絡みでの絨毯爆撃的な広告に覚えがあるでしょう。つまり、狭く深く掘り下げていかずとも、無差別に広告の弾幕をばら撒けばターゲットの顧客にヒットするだけのシェアを手に入れたからこそ、任天堂は長期の広報期間を必要としなくなりつつあるのではないでしょうか。例外として、「子供・若年層向け」に関しては、従来のペーパーメディアを介した広報を重視しているように見えるのが、任天堂という企業の隙の無さかもしれません。

 この辺の話は、突き詰めるとゲームメディア(とそこに書いているライター)が不要になる方向に行くので、ちょっと胃が痛いんですけどもね。「社長が訊く Wii」のような、あんな面白いコンテンツをオフィシャルの側から出されてしまうと、僕らは立場が無いよなぁ……という話は、よく身内でも持ち上がります。
PR

2007/11/26 16:46 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記(ゲーム系)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<火サス海峡冬景色 | HOME | 麻雀ライターから見た「咲」3巻>>
忍者ブログ[PR]