忍者ブログ
改革の是非ではなく、いつどうやるか、の問題。@美希移籍その2
 パシフィコ参加組の皆さん、社会復帰してますか? 夜中にアイマスガールズのブログ回りをして『だいじょうぶ。アンタ、輝いてるよ』で何度目かの感動に浸ってしまったりしてますか? なんとなくMSNメッセで“まいこ”を起動して意味の無い会話をして、中村先生の声で脳内アテレコしてニヨニヨしてますか? 僕はしています。サンバと眼鏡はたまった仕事が片付くまでお預けですが。

 さて、そんなわけでライブの余韻にひたりきっているわけですが、一昨日のエントリーの反応をたくさん頂いています。コメントその他で色々な意見を頂いた中で、結構目立ったのが、

・プロレスファン的にはアリ
・他のPに育てられるのはネトラレみたいでいやだ
・美希が765プロの仲間でなくなることが感情の根っこで受け入れられない

 といったものでした。この“プロレスファン的には”というのがみそで、予定調和の中での離反(と合流?)によるドラマ作りというのは、非常にプロレス的なんですね。移籍を美希がハブにされた、と考えている人も多いようですが、“スポットライトの所在”で考えると、765プロに残った9人と961プロに移籍した美希では、よりメインに近いのは美希でしょう。アーケード版でアイテムの全配布が始まった状況と、公開されている情報を総合すると、PSP版は基本アーケード版準拠になる可能性が高そうです。であれば、むしろ新要素・新シナリオに絡む度合いは美希の方が強いこともありえるのではと思います。それでも美希がプレイしたい! という時は、360版をやりましょう。アイマスは繰り返す物語なのですから。

 ですが、反発している方は「プレイできないこと」だけを問題にしているわけではないと思います。765プロという世界から美希がいなくなってしまうことが不安であり、つらいと。その部分に関しては、社長の、「プロデューサー諸君、君たちも765プロという小さな世界を壊して、より大きな世界を作り出していってくれたまえ!」という言葉がヒントだと思います。少なくとも961プロまで含めてのアイマスワールドであり、彼女たちもまた、アイマスガールズなのだということは心におきたいと思います。

 そんな風に冷静に捉えられるのは、美希が一番思い入れのあるキャラじゃないから他人事なんだよっとのお叱りも受けましたが、では自分のプライマルである千早だったら……と考えると、

「…確かに、このままプロデューサーに甘える関係が続けば、私も、プロデューサーもきっと駄目になってしまう」
「私は、より高みを目指すために961プロに行きます」
「貴方といると、私の中の弱い部分、いやなところばかりが膨らんでいく。こんな気持ちを抱えたまま歌うことなんて、できません」
「プロデューサーには、本当に感謝しています。それでも私は、歌いたい……私には、歌しかないんです」
「だけどいつか、本当に頂点に手が届いた時には……いえ、なんでもありません」

 とかね、妄想がわいてきた結果、全然ありであることを確認しました。気持ちわるくてすいません。結局、キャラクター同士の関係性、キャラクターと自分の関係性が保たれているなら、765プロという枠組みに、僕はそれほどこだわりがないのかもしれません。

 僕は『アイマス2』の選択枝として、プロダクション経営シミュレーションというのも全然ありだと思っていて、その場合は765プロって枠組みの維持は難しいと思ってます。大手芸能プロにのっとられた765プロ、961プロ、律ちゃんがEXILE的にプレイングマネージャーを務める秋月プロ、そして海外から帰ってきたら変わってしまっていた古巣に辞表を叩きつけ、弱小プロから765プロ再興を目指すプロデューサー、今始まるアイドル戦国時代! とか。だめですか。当然千早は伝説の歌姫です。だめですか。

 単なる妄想垂れ流しになってしまいましたが、重要なのは、「いつどこで、新しい流れに舵を切るか」という部分だと思います。美希や小鳥さんの追加は、アイマスに新たな魅力と活力をくれました。「現状を維持していれば批判を受けない」のは確かですが、その先にあるには緩慢な終わりです。ゆっくりと賞味期限が切れた後、メンバーばっさり一新『アイマス2』です、というのが、僕らの望む進路ではないはずです。

 もちろん、PSPのゲームとしての出来栄えは全く別問題です。出来上がった商品が……な出来であれば、フルボッコにするのもユーザーの権利です。でもひとまずは、どういうストーリーを提示してくれるのかを楽しみにしたいと思います。叩いたり絶望するのは、それからでも遅くないはずです。僕は、アイマス終焉におびえていた時期の長いユーザーの特徴でしょうか、「どうやら、来年もアイマスというコンテンツを楽しめる」というだけで、ほとんどの問題をクリアできるぐらいにはハッピーになってしまうのですが。
PR

2008/07/30 21:24 | Comments(17) | TrackBack(0) | アイドルマスター

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

『アイマスを好きになったり嫌いになったりして欲しい』
ディレ1の言葉の重みが良くわかります。

全ては新しい展開での魂の籠もり方次第ですよね。NBGIさん期待しております、ということで!
posted by NONAME at 2008/07/30 23:59 [ コメントを修正する ]
>アイマス終焉におびえていた時期の長いユーザーの特徴
あ〜、なんか判る気がしますね。

推測でしかありませんけど、美希に入れ込んでるPは箱版から入った人が多いんでは?
とすると、この騒ぎ様というのはゼノのキャストが明らかになった頃の自分らとだぶって思えたりします(^ ^;;
#ゼップが最後だと思ってたあの頃。
posted by ススム at 2008/07/31 01:20 [ コメントを修正する ]
私はここにおられる方ほどのプロレス識者ではありませんが、ライブでの、

高木社長「君たちも765プロという小さな世界を壊して、より大きな世界を作り出していってくれたまえ!」

こや961社長「では早速その世界、壊させていただきましょう!」

と言う流れにふと「破壊なくして創生なし」のZERO-ONE理論を思い出しまして。

ただ、やっぱりこういう破壊には、痛みとか出血とかが伴う訳で。
どこぞの元首相ではありませんけど、そんな調子のいい事言っておいて
実際に痛みを被るのは誰だと思ってるんだ。ふざけんな。

……と言うのが否定派の美希ファンの心象にあるのかな。とも思ってます。
こういうのは負の感情のスパイラルに陥りがちなので、なかなか
外野から諌めようと言うのは難しいです。周りの全てが敵に見えてきますし。
こういう場合、最もいいのは公式から納得できる追加情報を提示する事なんですが、
今出せすぐ出せって訳にも行きませんし。負のスパイラルが進行すると
「もうバンナムなんか信じない!!」とかなっちゃうこともあるので。

勿論、本当に心の底からバンナム、アイマス、そして美希に
失望して手を切る足を洗う、なんて事はそうないですが、
勢いでそうなってしまう。というのもまた感情なんです。
こればっかりは理屈じゃないんで。

>ディレ1

ディレ1発言に関しては、それこそアイマスの世代層が分かれますよね。
古くからやってる人にとっては、それこそディレ1は色々とアイマスのためにやってきた人で、
同じぐらい下手うって、こやつめハハハってやり取りがあるんで
発言にそれなりの説得力も愛嬌も持てるんですが、
箱版からの人にとっては、なにこのおっさん。になっちゃいますし。

簡単に言うと、何かディレ1が下手を打ったことがあった時に
「ディレ1*ね!」と罵声を1文打ったとして、
その中に篭った感情の比率が違うと思うんですよ。
冗談が混ざってるのか、心から憎しいのか。

あ、別にディレ1じゃなくてガミPとか小野田Dでも同じでしょうけど。

>美希に入れ込んでるPは箱版から入った人が多いんでは?

まあ、アケ版には美希いませんしね。
それこそ登場当初には美希もそれほど万感で受け入れられていた訳でもないですし。
(むしろ360の移植自体に疑問符が打たれていた頃)

発売後も美希の持つ空気感はやっぱりアケのキャラとはどうしても
違ってしまうのは仕方のないことです。覚醒とか。
それにアケ組古参は、基本既に嫁がいるのが普通ですしw
posted by PIXSEL URL at 2008/07/31 08:58 [ コメントを修正する ]
なんですよね.
さっきまでプロデュースしてた同じキャラクターでも初対面みたいなミーティングから始まりますし

そんなパラレルの新しいパターンが追加されただけで,ユーザーは何も失ってないと思います
むしろ美希だけライバルとしてのイベントとかがあるのがずるいですよ!
posted by み at 2008/07/31 09:54 [ コメントを修正する ]
ライブかゲームショーが新展開の発表の場となるのは今までの流れですからね。ライブぶち壊しの発表との意見も見られますが、仮に彼らを移籍批判組として、その主張の大部分が内容に関するものであれば遅かれ早かれ、同じような結果になるんじゃないかなと
L4Uからも結構経ちましたし、MLも一段落ついた今しかないかなって

移籍の是非に関しては私は何も言えないな、というのが皆さんの意見を見た後の感想です
はたして愛が足りないのでしょうか、「移籍」の深刻さ、重大性があまり感じられません
私は、あくまでも今のアイマスの世界の中での小さな地殻変動みたいなものだと感じています
キャラもシステムもほぼ旧体制を引き継ぐ形ですし
そりゃ、既存キャラが急に存在しなくなったりすれば反発するかもしれません。単に961への移籍の意味を私が掴みきれてないだけかもしれませんが

そういった点では、今回の改革は改革でないと感じています
今回の移籍は、キャラや世界観一新の試金石の意味合いもあるのではないでしょうか
ファンと共に作りあげてきたアイマスなわけですし、大衆が望まないのであれば、今の世界の外に出る意義はない…のか
posted by なむ at 2008/07/31 10:46 [ コメントを修正する ]
今回の移籍劇は、マンネリ感が漂い始めていた
アイマス界隈に、かなり効果の高いカンフル剤をぶちこんだと言う意味では
凄く良かった発表だと思ってます。
美希だけという狭い範囲で見れば、賛否両論でしょうけど、
ライブのタイトルについていたNextStageへの意味を
素直に受け入れられた自分は『アイマス全体が好き』なんだな、
と改めて思った次第。
すぐに納得できた人は皆そうなんじゃないでしょうか?

将来的に全て統合したアーケード版S.P.、そして再び360に移植される事を
夢見て、楽しんでいきたいと思う自分はキモいですかねw
posted by ume_black at 2008/07/31 12:57 [ コメントを修正する ]
全く出来てません・・・。
仕事してても何してても、ミンゴス&キングのインフェルノが頭の中に響き渡ってますです、はい。


今回の移籍の件については、私も肯定派ですね。

プロデューサーの愛を一身に受けるために、後先考えずに安住の地を飛び出してしまうくらいの無鉄砲さは、いろいろなメディアに展開されている美希像に共通し、且つ美希という存在を端的に表しているものなんじゃないかと。

正直、会場で美希の台詞と961プロ移籍という事実を目の当たりにしたとき、「ああ、美希らしいなぁ」って思ってしまいましたし。

ただ、美希がプロデュース出来るのか出来ないのかって点だけは気になるところでしたが・・・。
posted by ベラボー at 2008/07/31 13:00 [ コメントを修正する ]
美希の移籍は、私も比較的好意的に見てます。
や、「どうせなんらかの実績をこなせばプロデュースできるようになってるんだろ?」という裏読みもありますが(苦笑)

どちらかというと、PSPという媒体自体が怖いですね。
新人二人を加えた完全版をPS3独占で出すフラグであったりしなければ良いのですが。
posted by Earl at 2008/07/31 15:09 [ コメントを修正する ]
時系列として
アケ→PSP→箱→新作とでもしておけば
良かったような良くなかったような。

「最終的に961プロは765プロとシンクロしました。」
posted by NONAME at 2008/07/31 16:17 [ コメントを修正する ]
…っていうか、普通に「新人2人765プロに加入」じゃだめだったんかね?(´・ω・`)
各地で「反アイマス派」的扱いを受ける美希P達がなんかかわいそう…
posted by NONAME at 2008/07/31 19:02 [ コメントを修正する ]
765プロにたかねひびきが加入するだけだったら、
『ただのバージョンアップ』で終わりだったかと…
ソロしかプロデュース出来ないという意味を
強くするのがライバルキャラの存在理由だと思います。
もちろん、765プロ三人クリア後に961プロキャラも
プロデュース出来ないはずはない、と期待してw
(そうしないと、社長の言葉が嘘になっちゃいますよね)

ファン同士何だかんだ言って、上手くまとまりそうな予感はしますよ。
posted by ume_black at 2008/07/31 19:46 [ コメントを修正する ]
同じアイマスの世界観の中に居てくれるのであれば、それがどこであっても別にかまわないと考える楽観的な自分です。

さて、ひとつ前のエントリで見た、
「360版の美希との日々がなかったことになるのを危惧する」という意見に一言。

乱暴な言い方すれば、そもそもアイマスって毎回「なかったこと」になる作品ですよね。少なくともゲームシステム上は。
二人三脚で頑張って頂点を極めたアイドルとも、次に会ったときは初対面です。

でも、その点について「なかったこと」になったと本気で思ってるプロデューサーさんって、一人もいないんじゃないでしょうか?

例えばあずささんのグッドエンドを見て、次に雪歩のグッドエンドを見て、
最後に美希(覚醒)のグッドエンドを見た場合、
最後の美希とハニーの関係がすべてであって、あずささんや雪歩との思い出は「なかったこと」になるのでしょうか?

そんなわけないですよね。

常々思ってますが、アイマスの保存媒体ってのはR/WカードでもHDDでもメモリーユニットでもなく
プロデューサー個々人の「心」なんだと思います。
たとえPカードを紛失しても、HDDがクラッシュしても、彼女たちとの思い出は消えないんじゃないでしょうか。

個人的な予想ですが、SPでライバルとして登場する美希は360版の設定とは完全に切れているんじゃないかと思います。
765プロから961プロに移籍したのではなく、最初から961プロ所属のアイドルだったというシチュエーションになるんではないかと。
だからといって、360版で築いたプロデューサーとアイドルの絆は
絶対「なかったこと」になんかならないと思いますよ。

自分以外のPにプロデュースされるのが嫌だ、という方もいますが
それではゲーム開始時に自分が選択しなかったアイドルや、
オーディションで対戦相手として現れるアイドルたちについても
一度思いをめぐらしてみて頂ければなあと。

どうか、皆さんがこれまでと同様の愛情を美希に注いであげて下さいますよう、切に願います。
posted by 青面獣 at 2008/07/31 21:04 [ コメントを修正する ]
>青面獣さん
ライブ中に小鳥さんが「どうして美希ちゃんが移籍する事になったのか、今後の情報をお待ちください」と
言っていましたので、移籍は間違いないと思いますよ。
その辺をストーリーでどうフォローするかは、765次第って事で…。
posted by ume_black URL at 2008/07/31 21:15 [ コメントを修正する ]
パシフィコ参加組ですが、ずっと微妙な気分でいます。
なので美希移籍に関しては「現段階でやや否定」な気持ちです。

確かにゲーム上では、アイドル候補生同士の関係性は希薄です。
バンナムにとってみれば、SPで美希がライバル事務所に移ることは話題作りのという点で有効かもしれません。


でも。

この候補生同士の関係性が描ききれていない部分を、勝手に脳内補完(というかほぼ妄想)していた自分にとっては、その大前提が崩れる事態なので、「ちょ、おまw」的な気持ちになっているんだな、とやっと自己分析できてきました。


ま、続報が少なすぎなのも不安の原因なんですけどね。
これは続報というより、秋の新ドラマCDシリーズあたりまで、引っ張られそうなのが気になりますね。
posted by Mugisuke at 2008/08/01 00:33 [ コメントを修正する ]
プロデューサーも移籍出来るもんだと思ってるんですが
まぁ、それは蓋を開けてみないとですね

むしろ気になるのはどれだけ飽きずにやり込める出来のものが提供されるかだと思ってます
未だにアケ版なら毎日やる気になるけど
箱版もL4U!もDLCが来たときぐらいしか起動しませんからねぇ
posted by ・w・ at 2008/08/01 12:39 [ コメントを修正する ]
 繰り返しになりますが、この件に関しては賛否両論あっていいし、互いの見解を尊重しつつじっくり意見をぶつけ合うべきだ、ぐらいに思っています。
 発展のために小さな世界を壊す必要性は感じますが、壊された小さな世界への愛着と新しく広がるであろう世界への期待と、今の時点で前者が重いことは別に間違っていることではないだろう……いや、それぐらい“小さな世界”に入れ込んでいた人間が居てこそ、敢えて壊すべきだという考えに説得力があるのだろうと。
 正直、むしろこの件で感情面がグチャグチャになったことで「あー、自分はアイマス/765プロ/美希好きだったんだなあ」と改めて認識させられ自分で感心してたりします(笑)。

 現状で一気に納得するも良し、ゆっくり折り合いを付けるも良し。意見をぶつけ合うもまた良し。期待と不安を天秤に掛け続けて揺らす今この瞬間も、近い将来きっと思い出になる……それぐらいでいいじゃん、って感じですね。それぞれ受けた刺激、衝撃も違うわけで、だったら天秤の揺れ方も前へ向き直るための儀式の質や必要な時間も違って当然ってことで。
 そもそも全員が同じモノを見て、同じ事を考える? ありえません。

 ただ、この間自分であんな言い方をしておいてなんですが、だからこそすぐ納得した人間を高みにおいて、未だ納得できない人間を見下す、あるいは「判っていない人間」「視野の狭い人間」と断ずるかのようなネット上などの一部の言動には多少の不愉快を感じなくもないですけどね(苦笑)。
 加えて、同じモノを見る機会を全体に与えることが出来ないのなら「そういう人たちは~を知らないから」という括り方も僻み嫉み根性混じりながら持ち足るモノの傲慢を感じなくもありません。

 ……もちろん、これは逆の立場から「他人事云々」も一方的に断ずるという意味では同じですし、知らないことを免罪符に自分勝手の言い放題を許容するということとも同義ではないのは言うまでもありませんが。

 なにより、5000人をごく一部/少なくない(充分多い、とは言いきれない)と表現しうるコンテンツにまで育ったわけですし。これより先はそれぞれ自己の立ち位置を考えつつ、時間による解決を待てば充分だと思います。
posted by Pugachev''s Cobra at 2008/08/02 05:31 [ コメントを修正する ]
>001
>『アイマスを好きになったり嫌いになったりして欲しい』

アイマスというコンテンツを守るためには、ポジティブなメッセージ以外発しづらい時期がありましたからね。アイマスの各コンテンツを批評・評価してもいいフェイズに来ているのかもしれません。
僕も「ゼノグラシア、単体だと結構いいと思う」とか「箱○特別版のフィギュアガミPがすげー推すから買ったけどちょい微妙」とか言ってみようかな。

>ススムさん
>#ゼップが最後だと思ってたあの頃。
最後じゃないですよねと書けるわけないのにガミPに食い下がっていたあの頃。

>PIXSELさん
金色何とかなんてひどい言葉もありましたからね。
やっぱり最初は金髪のインパクトがすごかったですしね。

>みさん
リセットかからないとプロデューサーただの鬼畜ですからね^^;
繰り返しの物語で新しい立ち位置に立つのって、すごくおいしいと思うんです。

>なむさん
765プロの枠組みをいじるのは、大変革ではあると思いますよ。
ただ、キャラ一新の試金石は言いすぎかと思います。

キャラを動かすのと、キャラクターそのもの(と中の人)を変えるのは別次元です。

>ume_blackさん
キモくないでしょう。
ただ、この手の話はPS3とXbox360の対立話に巻き込まれがちなのがなんともですが。

>ベラボーさん
「美希がプロデューサーフラグ立った世界」と「新しいプロデュース」の整合性の取り方だけが謎です。

>Earさん
961プロはプロデュースしたいですね。3人とも。
PS3単独はないでしょう。DLCで安定収入が約束されているのに、冒険をする意味がありません。

>009
>「最終的に961プロは765プロとシンクロしました。」

それはこれから語られるべき物語でしょう。

>010
>…っていうか、普通に「新人2人765プロに加入」じゃだめだったんかね?(´・ω・`

961プロとのライバルストーリー、物語の広がりというメリットがありますから。
あとは、新人が入るたびに何十曲収録するんだ、という物理的問題もあるでしょう。

>ume_black02さん
追加プロデュースはどうかなー。
前述のとおり、楽曲収録の問題があるので、765プロと同じようなプロデュースは難しいんじゃないかと。

>青面獣さん
記憶媒体はPの心、いい言葉です。
ライバルおいしい! てことで思う存分美希と絡もうと考えるのも、美希を好きだからこそ、なんですけどね。

>Mugisukeさん
情報がない時はネガティブに引っ張られがちですからね。
意識して真ん中にいたいです。

>・w・さん
なんくるないさーたちもぷろでゅーすしたいですよね。

>Pugachev''s Cobraさん
通ってきた道や考え方によって、あっさり納得できる人とできない人がいるだけであって、どっちもアイマスが好きな故だと思います。
posted by なかざと at 2008/08/04 03:00 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<愛しさとせつなさといさぎよさと。 | HOME | 物語の継承は関係性から生まれる。@美希移籍>>
忍者ブログ[PR]